FXテクニカル分析ナビTOP> FXテクニカル分析> FXテクニカル分析にはどんな種類があるの?

FXテクニカル分析にはどんな種類があるの?について

 

FXテクニカル分析の種類は、大変種類が多く、また各手法を組み合わせて利用したりしますので、さらに多くの手法に分類されることもあります。

 

FX分析でをもっと精度を上げる方法とかテクニカル分析の相性は?といった話題が多いのも、FXテクニカル分析の方法が多肢にわたって準備されているからなのです。

 

このようなFXテクニカル分析は一見多種多様でひとつひとつの方法の特色を説明するだけで本が1冊できてしまうような内容もあります。

 

しかし細かな部分を除いて大きくカテゴリで分類すると「トレンド系」と「オシレータ系」に分ける考え方があります。

 

トレンド系とは値動きの強さ、トレンドを分析するものです。

 

移動平均線やDMI、エンベロープと呼ばれる手法はこのトレンド型に入ります。

 

一般には、相場が上がるのか、下がるのかといった方向を判断する手法と言えます。

 

これに対して「オシレーター系」とは売り買いの過剰ポイントを判断する手法です。

 

ストキャスティクスやMACD、モメンタムと呼ばれる手法はこの範疇に入ります。

 

現在の相場の状態が売られ過ぎたのか、買われ過ぎたのか判断することは、相場の上下に密接に関係しているので重要なポイントとなります。

 

この他にも、売り買いの価格変動の周期を判断する「サイクル分析」や、ローソクチャートの動向から売買のタイミングを判断する「パターン分析」などもあります。

 

テクニカル分析手法には、それぞれ一長一短があり、最終的には自分の取引にいちばん良い組み合わせを選ぶことが必要となってきます。

 

FXテクニカル分析記事一覧

FXテクニカル分析にはどんな種類があるの?

FXテクニカル分析の種類は、大変種類が多く、また各手法を組み合わせて利用したりしますので、さらに多くの手法に分類されることもあります。FX分析でをもっと精度を上げる方法とか...

FXテクニカル分析同士で相性が悪いのは?

FXでは、様々なテクニカル手法を使って相場を予測していくのが醍醐味というところですが、その手法の取り上げ方にも個人の好みや癖といったものが必ずでてきます。自分独自のアレンジ...

FX取引手法でテクニカル分析は変えた方がいい?

FX取引では、大変多くのテクニカル分析手法が紹介されています。大手の取引会社では、自分のところの手法を盛大にアピールしていますし、実際大手としてやっていけるのは、妥当な手法...

FX初心者に理解しやすいテクニカル分析は?またオススメの組み合わせは?

テクニカル分析で相性の良いものとして多くの方々が利用しているのが、トレンド指標系とオシレーター型の組合せです。利用者が多いので、テクニカル手法セットという形で、簡単に相場に...